ヨーグルトやカルピスなどでおなじみの乳酸菌が、口臭予防に良いのではないかというお話をしたいと思います。
実際にどのような良い効果が期待できるのか、まとめていきますね。

口の中には、それはおそろしい数の菌がいます。
歯の数によって差こそありますが、実に最大800種類もの菌が口中にいます。
細菌の数を上げると、なんと単位は最大、兆にものぼります。

歯周病の原因となるのは、歯茎の隙間にたまった歯垢に細菌がわくことですが、歯垢に細菌がわいたとき、すさまじいニオイを発します。
これが歯周病による口臭の原因です。
歯周病や口臭を防ぐ歯磨き粉に「殺菌力」とよく書いてあるのは、最近を殺すことで口臭を抑えようと考えているからです。

しかし、腸内や血中の菌が善玉、悪玉と分けられるのと同じように、口中にも善玉菌と悪玉菌がいます。
歯周病を引き起こすような悪い菌は殺してしまっても問題ありませんが、ただ殺菌力が高いだけでは、良い菌も全て殺してしまっています。
良い菌を残して働きを活性化させ、なかでも歯に効果があるという乳酸菌の力をかりて歯周病を抑え、口臭を抑える事が出来るというのです。

では、実際に虫歯、歯周病、口臭に効果のある乳酸菌をまとめていきたいと思います。

まずはLS1です。難しく書くと、ラクトバシラスサリバリウスT12711と書きます。
こちらは大学教授によって実験が行われ、その効果が実証されています。
この乳酸菌、LS1と、歯周病の原因菌であるポルフィノモナス・ジンジバリス菌を一緒に培養してみたそうです。
すると、24時間後には歯周病の原因菌であるポルフィノモナス・ジンジバリス菌のみ、ほぼ死滅した事を確認したそうです。
LS1が歯周病の原因菌に対して有効である結果を示しているものだと思います。

まだ他にもあります。
ロイテリ菌という、人間の母乳から発見された乳酸菌です。
こちらはロイテリ菌と虫歯菌を、3:1の割合になるように混ぜ、試験管で培養してみたそうです。
すると、なんと虫歯菌のおよそ90パーセントの発育を抑制する効果があったそうです。
ヨーグルトとして食べてみる実験も行われています。
ロイテリ菌入りのヨーグルトを食べた学生は、食べていない学生に比べ、虫歯菌の量がおよそ3分の1から最大5分の1に減少したそうです。
またロイテリ菌には残存効果も高く期待でき、ロイテリ菌を摂取するのをやめても2週間ほど効果は持続したそうです。
この虫歯菌減少効果は、歯磨きなどをしても失われることはないそうです。

L8020という乳酸菌は、虫歯や歯周病などに一切なったことのない、子どもの口中から発見されました。
高い抗菌性を持ち、虫歯菌、他4種類の歯周病原因菌が減少する効果があるそうです。

WB21という乳酸菌も虫歯に有効だそうです。
こちらは健常な人の口中から見つかった善玉菌だそうです。
口の中で常在菌として、口中や胃、腸などを守る働きがあるそうです。

調べてみて乳酸菌にこんな効果があったのか、ととても驚いています。
まずはサプリメントやヨーグルトなどから乳酸菌を摂取してみると良いと思います。
乳酸菌と口臭の関係について、歯周病を交えてお話しましたが、いかがでしょうか。参考になれば幸いです。