お悩みの方が多い口臭ですが、その口臭に種類があることをご存知でしたか。
自分の口臭がどの種類に当てはまるのか分かれば、対策も具体的に出来ますね。
では早速、口臭の種類についてお話していきましょう。

口臭の種類は3つに分けられます。
生理的要因、病的要因、食品由来、この3つです。

生理的要因の口臭というのは、誰もが程度の差こそあれ発生するものです。
起床時や緊張によって口内が乾燥したときに感じる口臭のことです。

病的要因というのは、文字通り何かしらの疾患が原因で起きる口臭のことです。
口腔内由来と全身由来の二つに分ける事が出来ます。
口腔内由来というのは、文字通り口の中の病気です。虫歯や歯周病、口内炎などです。
全身由来というのは、耳鼻咽頭、肺などの呼吸器が原因のものや、気管支炎、蓄膿症などが原因のものです。

食品由来というのは、においの強い食べ物や飲み物、たとえばニンニクやアルコールを摂取したときに発生する独特のニオイのことです。
ですがこれは本来の口臭ではなくあくまでも一時的なものですので、心配はいりません。
食べ物や飲み物の消化が終われば、消えてしまう口臭です。

口臭の種類は3つに分けられるとここまでお話しましたが、では次からは、実際にニオイを種類別に分類していきたいと思います。
ニオイに種類なんてあるの?とお思いの方も多いかもしれませんが、口臭の種類と同じようにニオイも分類することができるんです。

口臭の成分として主となるものは、揮発性硫黄化合物(きはつせいいおうかごうぶつ)と言います。VSCと略することもあります。
卵が腐ったようなニオイがするのは、硫化水素です。化学記号ではH2Sと書きます。
それから、野菜が腐ったような、中でもキャベツが腐ったようなメチルメルカブタン、CH3SHもあります。
ゴミのようなニオイのする、生ごみのようなツンとした匂いのジメチルサルファイド、CH32CSもあります。
今挙げた4つが混ざったものが、口臭のニオイの分類です。

なんだかこうして見るとすごく不快なニオイを目にしたようで、げんなりしている方も多いのではないでしょうか。
実は口臭予防に必要不可欠な身近なものは、唾液なんです。
唾液は、実は一日に1リットルから1.5リットル近く分泌されています。
口の中が乾燥することを防ぐことで、唾液は口臭を予防してくれていたんです。

唾液も2種類に分類することができます。せっかくなので書いておきます。
安静時唾液と反射(刺激)唾液があります。
安静時唾液はじっとしている時に分泌される、ネバネバした唾液のことです。
反射(刺激)唾液は、匂いを感じた時、食べ物を食べた時、温度の刺激などによって反射的に分泌される唾液のことです。
口臭を訴える方の多くが、安静時唾液が少なくなってドライマウスになっている方が多いのです。
安静時唾液を増やすためには、加湿器を使って乾燥を防いだり、ガムをかんだり、飴をなめたり、ドライマウス対策をしっかりすることが大切です。

今回は口臭の種類についてお話しましたが、いかがでしょうか。参考になれば嬉しく思います。